娯楽目的で使わない

カードローンはどんな時に利用すべきか


カードローンとは、無金利ではないものの他人に借金のお願いをすることなく、意外とお金を簡単に借りられるのが特徴です。ただし、カードローンとは基本的に娯楽目的で利用するべきものではなく、娯楽目的で利用し始めると金銭感覚が麻痺してくる恐れがあるため控える必要があります。では、どんな時に利用すべきかというと、生活をしている中でどうしても今すぐまとまったお金が必要な場合などです。例えば、家族が入院して病院から莫大な請求が来てしまった場合などは、貯金を切り崩すのではなくカードローンを利用して落ち着いて返していくのも良いでしょう。また、冠婚葬祭でお金が必要になった時、キャリアアップを目指して資格を取得をしたいものの多額のお金が必要な場合に利用するような形を推奨します。

こんなことのためには利用すべきではない


逆にカードローンの利用目的として一番良くないと言われるのが、ギャンブルをするためにお金を安易に借りてしまうという事です。もしくはギャンブルで負けたお金を取り返すため、新たにギャンブルをしてお金を取り返すための資金として借りるというような事はもってのほかです。ギャンブル絡みでカードローンを安易に借り始めて自分や周囲の人生が破滅した人や自己破産に至ったケースは無数に存在するため、特に注意が必要です。また、旅行とは基本的に会社員や自営業で成功した人が余剰資金を利用してご褒美としていくもののため、自力で旅行できるようになるまで旅行は我慢することをおすすめします。その他、男性が彼女とのデート費に使い始めてしまうと、彼女がお金のかけていないデートに満足できない中で借り入れ額が膨らんでいきかねません。そのため、彼女と楽しむ娯楽は色々と情報検索してお金のかからない娯楽を見つける必要があります。