分割返済なので負担が少ない

カードローンの利点について


カードローンでお金を借りると、月々の返済額が少ないという利点があります。一定の金額を月々返すとして、その金額に完済までにかかる金利を足した合計額を支払えばいいのです。例えば、30万円を借りたとして、毎月1万円ずつ返すとします。この場合カードローンなら30ヶ月支払い続けることになりますが、1万円に金利を合わせた額を毎月支払うだけで良いのです。また、繰り上げ返済も可能ですので、返せるときに多めに返すと金利がさらに少なくなるでしょう。そうなれば、毎月の負担はさらに減ります。他の利点としては手軽に借りられて、手軽に返せる点があります。一般的にお金を借るときには面倒な手続きが必要になりますが、カードローンなら手持ちのカードで簡単に借りられます。

返済額を自分で決められる


カードローンでは月々の返済額を自分で決められます。基本的には契約時に決めた返済額を返すのですが、変更が可能です。例えば、毎月2万円ずつ返していたものを、1万円ずつ返すという返済方法に変えることができます。ただし、月々の返済額が少ないと返済期間が長くなります。そうなると支払う金利が多くなるので、その点には注意が必要です。期間が長くなり、金利が多くなれば支払う総額が必然的に増えます。その点を考慮して月々の支払い金額を決めるといいでしょう。また、お金を返している途中でも、借りることは可能です。借りても支払い期間が延びるだけです。返済途中で借りてもペナルティがあるわけではないので、安心して借りることができます。